動物飼育・試験
ユニーテックTOP > 【動物実験委託】 - 飼育・繁殖 / 凍結胚作製 / マウスSPF化

創薬支援サービス 前臨床試験 non-GLP

Preclinical Research動物愛護の精神を以て人類を救う新薬開発の薬効や安全性を
確認する試験を受託します。

新薬開発においては1日も早く特許出願可能か否かを決定する必要があります。 弊社はこのニーズにお応えするため、よりスピーディー且つ安価に、 non-GLP下における「薬効薬理試験」「毒性試験」「薬物動態試験」(in vitro/vio)を承ります。

大切な知的財産守秘義務の下に社員一同知的財産権をお守りします。

遺伝子研究からスタートしたユニーテック(株)は日本で最も早くバイオ分野に参入した 先端企業です。国家プロジェクトにも参加し、遺伝子に関する高い専門性と技術を有しています。 創薬開発の重要なテーマである新薬候補物質の薬効薬理、毒性試験において、 医学、病理学、薬学、化学などの総合力と遺伝子研究における豊富な経験などを活かし、 どこよりも迅速、安価、正確な研究支援をさせていただきます。

ユニーテック(株)
医学博士、理学博士、獣医学博士、歯学博士、薬学博士、博士7名、修士15名、を中心としたスタッフです。 その中には歯科医師1名、薬剤師1名等の有資格者が多く在籍しています。

受託試験

モデルマウス/ラットの作製

がんモデル がん同所性移植モデルマウス
  • ヒトメラノーマ
  • ヒト腎がん
  • ヒト肝がん
  • ヒト膵がん
  • ヒト卵巣がん
  • ヒト肺がん
  • ヒト乳腺がん
がん異所性移植モデルマウス
  • 株化されているヒトがん細胞全般
自己免疫性疾患モデル 全身性ループスエリテマトーデス(SLE)モデル
  • NZB/W F1 mouse
  • MRL/lpr mouse
  • MRL/gld mouse
  • C3H/gld mouse
  • Pristane投与マウス
喘息モデル
  • OVA+Alum投与マウス(BALB/c or C57BL/6)
結膜炎モデル
  • ブタクサ花粉+Alum投与マウス(BALB/c)
アトピー性皮膚炎モデル
  • NC/Nga mouse
アナフィラキーショックモデル
  • C57BL/6 mouse
変形性関節症モデル
  • STR/ORT mouse
重症筋無力症モデル
  • 抗AChR抗体投与モデルラット
関節炎モデル
  • コラーゲン抗体投与モデル
心・血管疾患モデル 高血圧症モデル
  • Dahl salt-sensitive rat
  • Spontaneously hypertensive rat
拡張性心筋症モデル
  • ドキソルビシン投与マウス
動脈硬化モデル
  • ApoE KO mouse
血液疾患モデル 自己免疫性溶血性貧血モデル
  • NZP mouse
急性貧血モデル
  • フェニルヒドラジン投与マウス
再生不良性貧血モデル
  • W/Wv mouse
  • Sl/Sld mouse
腎性貧血モデル
  • 腎臓摘出ラット
  • 筋ジストロフィーモデル
  • Mdx mouse
  • Largemyd mouse
  • ネフローゼ症候群モデル
  • Puromycin投与ラット
  • Adriamycin投与ラット
肺疾患モデル 肺気腫モデル
  • エラスターゼ投与マウス
肺線維症モデル
  • ブレオマイシン投与マウス
  • SAM mouse
老化モデル
  • α-Klotho mouse
  • SAM mouse
骨粗鬆症モデル
  • 卵巣摘出モデル,ddY mouse or rat
  • 低カルシウム食飼育ラット
  • OPG KO mouse
  • RANKL投与マウス
  • α-Klotho mouse
  • SAM mouse
中枢神経疾患モデル アルツハイマー病モデル
  • 神経毒脳内注入マウス/ラット
  • Aβ脳内注入マウス/ラット
  • SAMP 8 mouse
  • 慢性疼痛モデル
  • カプサイシン投与マウス/ラット(機械刺激的)
  • NGF投与マウス/ラット(熱刺激的)

ページ上部へ

動物実験受託


遺伝子改変マウスの設計・作製から表現型解析までを一貫してお受けします!

マウス1匹からご注文頂ける低価格で迅速な動物実験!

開発段階のスクリーニングから、臨床試験を視野に入れた薬効・安全性の評価まで、 幅広いシーンでサポート致します。実験内容はご自由にカスタマイズ出来る他、 ご相談頂ければご希望の目的に最適な試験デザインをご提案させて頂きます。 全ての試験は信頼性基準に基づいて実施しておりますので、信頼性の高いデータをお届け致します。 (マウス・ラットはアイソボックスを使用したSPF環境下、その他の動物はクリーン環境下にて実施)

受託試験の例(方法、作業項目はご自由にカスタマイズ出来ます。また目的に合わせた試験のデザインも承ります)

取扱動物:マウス・ラット・ウサギ・ミニブタ

全ての試験は信頼性基準に基づいて実施しておりますので、信頼性の高いデータをお届けいたします。 (マウス・ラットはアイソボックスを使用したSPF環境下、その他の動物はクリーン環境下にて実施)
主な受託試験 試験内容・解析項目等
薬効薬理試験(non-GLP) 抗腫瘍関連
肥満関連
糖尿病関連
高血圧関連
高脂血症関連
骨・関節炎関連
安全性試験(non-GLP) 単回投与毒性試験
反復投与毒性試験
遺伝子改変動物の表現型解析 一般症状
血液学的解析(血球数測定等)
血液生化学的解析(血糖値、血中ホルモン量等)
病理解剖学的検査・病理組織学的検査
遺伝子発現解析(Real-Time PCR等)
ゲノムDNAのメチル化解析
タンパク質発現解析(ELISA、Western blotting等)
形態学的解析 病理解剖学的検査
病理組織学的検査
形態測定

例1 遺伝子改変疾患モデルマウスを用いた表現型解析(non-GLP)

目的と方法 遺伝子改変マウスにおいて、
想定される表現型解析および遺伝子発現解析を行う。
作業項目 一般項目
  • マウス飼育
  • 一般状態観察
測定
  • 代謝ケージ使用
  • 採尿
  • 尿中アルブミン・クレアチニン
  • 部分採血
  • 血糖値測定
  • HbA1c
  • ELISA
解剖・
サンプリング
  • 解剖
  • 臓器摘出
  • 臓器重量測定
  • 写真撮影
  • ホルマリン固定
  • 組織凍結
解析
  • 組織標本観察
書類作成
  • 計画書作成
  • 報告書作成
  • 資料保管
遺伝子改変疾患モデルマウス

例2 ヒト癌細胞を移植した担癌モデルマウスにおける薬剤投与とその抗腫瘍効果の評価(non-GLP)

目的と方法 ヌードマウスにヒト由来の癌細胞を皮下移植し、薬剤投与が腫瘍細胞の増殖に与える影響を確認することで、投与薬剤の抗腫瘍効果をin vivoで評価する。
作業項目 一般飼育
  • マウス飼育
担癌動物作製
  • がん細胞培養調製
  • 担癌動物作製
薬剤投与
  • 薬剤調製
  • 尾静脈内投与
測定
  • 体重測定
  • 腫瘍径測定
解剖・
サンプリング
  • 解剖
  • 臓器摘出
  • 臓器重量測定
  • 写真撮影
  • ホルマリン固定
  • 組織凍結
標本作製
  • パラフィン包理
  • パラフィン切片薄切
  • HE染色
解析
  • 組織標本観察
書類作成
  • 計画書作成
  • 報告書作成
  • 資料保管
担癌モデルマウス

ページ上部へ

動物実験受託価格表(マウス)

ご希望の項目を1匹・1回単位からご注文頂けますので、無駄を省いた低価格かつ迅速な実験・解析が可能です。
この一覧にない内容であっても対応いたしますので、お気軽にご相談ください。
全ての動物実験は、高度な技術と徹底した飼育管理により、動物愛護の精神に配慮した環境下で実施しております。
※ラット・ウサギ等については別途追加料金が発生致します。
種別 項目 単位 価格
書類管連
書類作成 計画書・報告書 30,000円~
資料保管 資料保管 式・年 10,000円
飼育
一般飼育 一般マウス 匹・日 120円
免疫不全マウス 匹・日 250円~
重度免疫不全マウス 匹・日 350円~
特殊飼育 危険物質使用, 冷・温環境など 匹・日 250円
冷・温環境 匹・日 250円
特殊餌 (粉末餌など) 匹・日 150円増~
感染動物飼育 基本料金   360,000円
使用料金 66,000円
飼育オプション 絶食 匹・回 350円
個体識別 (耳パンチ) 匹・回 200円
個体識別 (入墨) 匹・回 560円
除毛 (クリーム使用) 匹・日 3,500円
刈毛 匹・回 2,000円
ハンドリング 匹・日 200円
一般状態観察 匹・日 250円
薬剤投与
薬剤調製・管理費用 種・回 7,200円
投与経路 腹腔内投与 匹・回 900円
強制経口投与 匹・回 900円
混餌投与 (ローデンカフェ使用料金含む) 匹・日 400円
混水投与 匹・回 300円
皮下投与 匹・回 600円
皮内投与 匹・回 4,200円
経皮投与 匹・回 1,000円
筋肉内投与 匹・回 1,350円
静脈内投与 匹・回 4,200円
気管内投与 匹・回 4,200円
持続皮下投与 (浸透圧ポンプ移植) 匹・回 19,800円
測定・解析
一般 体重 匹・回 250円
体温 匹・回 3,000円
代謝ケージ →「サンプリング」の項目参照のこと    
ローデンカフェ基本料金 (粉末餌) 匹・日 200円
ローデンカフェオプション: 摂餌量測定 匹・回 基本料金+600円
飲水量測定 匹・回 250円
尿潜血・尿タンパク (試験紙) 匹・回 1,100円
血液検査 (血算・生化学的検査など) 8,500円
PCR genotyping (基本料金50,000円) 匹・回 基本料金+5,000円
Karyotype解析 line 12,5000円
がん関連 腫瘍径測定 匹・回 2,400円
結節数カウント (直径2mm以上) 臓器・匹 4,000円
心臓・血管関連 血圧 (テイルカフ式) 匹・回 6,800円
骨・筋肉関連 Hanging wire試験 匹・回 1,000円
筋力(握力)測定 匹・回 1,200円
μCT(3次元画像撮影及び解析) 匹・回 75,000円
DXA 匹・回 15,000円
骨形態測定(非脱灰標本作製含む) 匹・回 68,000円
アレルギー関連 皮膚炎スコア 匹・回 950円
結膜炎スコア 匹・回 2,400円
関節炎スコア 匹・回 2,400円
肥満・糖尿病関連 血糖値 匹・回 1,100円
HbA1c 匹・回 3,100円
経口グルコース負荷試験 (OGTT) ※実施後2週間は採血実験不可 5匹まで・回 280,000円
インスリン負荷試験 (ITT) 5匹まで・回 42,000円
腎臓病関連 尿中アルブミン・クレアチニン 匹・回 1,800円
行動解析 オープンフィールドテスト 匹・回 25,000円
Y字迷路 匹・回 25,000円
ロタロッド (3 trials × 1 session・運動協調性) 5匹まで・回 40,000円
ロタロッド (3 trials × 5 sessions・運動学習) 5匹まで・回 200,000円
フットプリント 匹・回 10,000円
解剖
解剖基本料 (所見が必要な場合は別途) 1,200円
灌流固定 6,000円
生理食塩水灌流 1,500円
臓器摘出 大動脈弓 臓器・匹 4,300円
腹部大動脈, 腸骨下リンパ節, 顎下リンパ節, 足底筋 (片側),
指定脳部位
臓器・匹 3,600円
脳下垂体, 全脳, 脊髄, 腸間膜脂肪, 涙腺, ヒラメ筋 (片側),
腓腹筋 (片側), 大腿骨 (片側, 軟組織剥離), 骨髄 (片側),
胸部大動脈, 皮下脂肪
臓器・匹 1,450円
腸間膜リンパ節, 膵臓, 眼球, 副涙腺, 心臓, 気管, 胸腺,
食道, 肺, 副腎, 褐色脂肪, 精巣周囲脂肪, 胃, 小腸, 大腸,
胎仔, 前肢 (片側), 後肢 (片側)
臓器・匹 1,200円
腸骨下リンパ節, 唾液腺, 皮膚, 脾臓,
肝臓, 腎臓 (片側), 膀胱, 精嚢, 精巣, 卵巣, 子宮
臓器・匹 1,000円
検体処理 トリミング 臓器・匹 100円
臓器重量測定 臓器・匹 250円
固定
固定 (10%中性緩衝ホルマリン, 4%PFAなど) 臓器・匹 250円
特殊固定・肺 (拡張した状態) 臓器・匹 3,600円
RNA later浸漬 臓器・匹 500円
凍結
組織凍結 (液体窒素使用料は別途) 臓器・匹 600円
サンプリング 写真撮影
写真撮影 アングル・臓器・匹 600円
写真撮影 (実体顕微鏡下) アングル・臓器・匹 2,000円
採血
部分採血 (数μL) 匹・回 700円
部分採血 (尾静脈) (無麻酔下, 200μLまで) 匹・回 1,800円
部分採血 (顎骨後部静脈) (無麻酔下, 300μLまで) 匹・回 1,800円
全採血 (心臓) (麻酔下, 500μLまで, 繰り返し不可) 2,400円
血清・血漿分離 検体 480円
採糞・採尿
新鮮糞採取 (保定による, 数粒) 700円
代謝ケージ基本料金 匹・回 2,400円
代謝ケージオプション: 尿量測定 匹・回 基本料金+1,200円
代謝ケージオプション: 尿量測定+冷凍保管 匹・回 基本料金+1,800円
代謝ケージオプション: 採糞 匹・回 基本料金+950円
代謝ケージオプション: 摂餌量測定 匹・回 基本料金+600円
組織標本作製
パラフィン包埋 臓器 1,800円
パラフィン切片薄切 切片 900円
OCTコンパウンド包埋 臓器 2,800円
特殊凍結標本作製・筋肉 (トラガカントゴム・イソペンタン) 臓器・匹 3,600円
凍結切片薄切 切片 2,000円
脱灰 臓器 1,800円
脳部位の指定 部位 5,400円
一般染色 HE染色 スライド 1,800円
特殊染色 免疫染色 (抗体購入費用別途) スライド 6,000円
免疫染色条件検討 (抗体購入費用別途) 125,000円
(1)一般飼育以外はマウスの価格になります。ラット・ウサギ・ミニブタ・イヌなどについてはお問い合わせ下さい。
(2)動物購入費用は別途となります。
※価格にないサービス・測定等も承ります。

ページ上部へ

血液検査受託

血液生化学検査(1匹あたり)

検査項目 検体種類 数量単位
総蛋白(TP) 血清・血漿・尿 1回
アルブミン(ALB) 血清・血漿 1回
尿中アルブミン(U-ALB) 尿 1回
A/G比 血清・血漿 1回
尿素窒素(UN) 血清・尿 1回
クレアチニン(CRE) 血清・尿 1回
尿酸(UA) 血清・尿 1回
アンモニア(NH3) 血清・血漿・尿 1回
ナトリウム(Na) 血清・尿 1回
カリウム(K) 血清・尿 1回
クロール(Cl) 血清・尿 1回
カルシウム(Ca) 血清・尿 1回
無機リン(IP) 血清・血漿・尿 1回
マグネシウム(Mg) 血清・尿 1回
鉄(Fe) 血清・血漿 1回
不飽和鉄結合能(UIBC) 血清・血漿 1回
総鉄結合能(TIBC) 血清・血漿 1回
AST(GOT) 血清・血漿 1回
ALT(GPT) 血清・血漿 1回
ALP(アルカリフォスファターゼ) 血清・血漿 1回
LDH(乳酸脱水素酵素) 血清・血漿 1回
LDH(乳酸脱水素酵素)分画 血清・血漿 1回
LAP(ロイシンアミノペプチターゼ) 血清 1回
AMY(アミラーゼ) 血清・血漿・尿 1回
CK(クレアチンキナーゼ) 血清・血漿 1回
CK(クレアチンキナーゼ)分画 血清・血漿 1回
γ-GT(γ-グルタミルトランスフェラーゼ 血清・血漿 1回
ChE(コリンエステラーゼ) 血清 1回
Lip(リパーゼ) 血清・血漿 1回
CK-MB(クレアチンキナーゼ-MB) 血清・血漿 1回
総コレステロール(T-CHO) 血清・血漿 1回
遊離コレステロール(F-CHO) 血清・血漿 1回
エステル型コレステロール(E-CHO) 血清・血漿 1回
コレステロールエステル比(E/T比) 血清・血漿 1回
中性脂肪(TG) 血清・血漿 1回
リン脂質(PL) 血清・血漿 1回
総脂質(TL) 血清・血漿 1回
遊離脂肪酸(NEFA) 血清 1回
LDL-コレステロール(LDL-C) 血清・血漿 1回
HDL-コレステロール(HDL-C) 血清・血漿 1回
総胆汁酸(TBA) 血清 1回
グルコース(GLU) 血清・血漿・尿 1回
グリコアルブミン(GA) 血清・血漿 1回
ピルビン酸(PA) 血漿・除蛋白液 1回
乳酸(LA) 血漿・除蛋白液 1回
総ケトン体(T-KB) 血清・血漿 1回
総ビリルビン(T-BIL) 血清 1回
ビリルビン分画(BIL-F) 血清 1回
■おおよその必要検体量
1~3項目の場合 80μL
4~5項目の場合 100μL
6~7項目の場合 130μL
8~10項目の場合 150μL
11~15項目の場合 200μL
16~20項目の場合 250μL

■注意事項 ①検体は冷凍便にてお送りください。
②検体量が不足した場合、希釈して測定を行う場合がございます。
③検査項目によっては、希釈による測定が出来ない場合がございます。
④ヒト以外での標準値を提示出来ない検査項目もございますので、コントロールとなる検体も同時に測定することをお勧めいたします。

血球数測定検査(1匹あたり)

検査項目 検体種類 数量単位
血算 白血球数(WBC) 1検体
赤血球(RBC)
血色素(Hb)
ヘマトクリット(Ht)
MCV
MCH
MCHC
血血小板数(PLT)
白血球分画 好中球 1検体
好酸球
リンパ球
単球
好塩基球
■おおよその必要検体量
EDTA-2KあるいはEDTA-2Na処理済み全血250μL
(血算のみの場合でも、血算+白血球分画の場合でも同量)

■注意事項
①検体は採血当日に冷蔵便にてお送りください。発泡スチロールの中に保冷材を入れ、検体は箱などにお入れください。
凍結を防ぐため、検体が保冷材に直接接触しないようお願い致します。
②pH測定はできません。
③PLTは参考値となります。
④ヒト以外での標準値を提示出来ない検査項目もございますので、コントロールとなる検体も同時に測定することをお勧めいたします。

ページ上部へ