遺伝子改変マウス
ユニーテックTOP > 【遺伝子改変マウス】 - 遺伝子改変マウス作製実績および作製受託手順

遺伝子改変マウス作製実績

遺伝子改変マウス作製“1300Line”以上の実績

各工程、専門研究員(プロフェッショナル)による迅速かつ正確な作業

目的のマウスが出来るまで完全サポート。『作製不能にならない限りは途中放棄いたしません』

過去の遺伝子改変マウス作製実績例

  • 脳特異的Tgマウス
  • 血管内皮細胞特異的Tgマウス
  • 腎臓特異的Tgマウス
  • 心筋特異的Tgマウス
  • 皮膚組織特異的Tgマウス
  • 血液特異的Tgマウス
  • 骨格筋特異的Tgマウス
  • 時期特異的Tgマウス
  • 各種発がんモデルマウス
  • アルツハイマーモデルマウス
  • Conditional KOマウス
  • Conditional KIマウス
  • Rosa26 KIマウス
  • BAC-Tgマウス
  • Null KOマウス
  • FLEX switch(RNAインジェクション)
  • Null KO (indel変異, big delition)
  • Double KO
  • point mutation
  • loxP KI

その他、多数のモデルマウス作製実績がございます。試験目的に応じた特殊設計も実施致します。

(例) Conditional KOマウス作製 模式図
(例) RNAインジェクション(KOマウス作製)模式図

ページ上部へ

遺伝子改変マウス作製受託の手順

お問い合わせ⇒設計⇒試験スタートまで最短10日間!!
倫理委員会の設置

営業部

遺伝子改変マウスを作製する、作製しないに関わらず、まずは遺伝子改変マウスにご興味がございましたらお気軽にご相談下さい。
3S:スピーディーに、正確に、誠心誠意”の対応を合言葉にいつでも、どこにでもご相談にお伺い致します。

設計部

遺伝子改変マウスにおける1300件以上の豊富な設計実績をふまえ
お客様の試験目的に応じて、試験系のコンサルティング/プランニングも承ります。
最初から最後まで一貫したサポートをお約束します。

ベクター構築部門

(例) Conditional KOマウス作製 模式図
これまで、1100件以上遺伝子改変マウス用ベクターを構築
ご依頼通りのベクターを経験豊富なプロが構築致します。
素早さ、正確さを兼ね備え、構築が難しく、難解なベクターも対応可能です。

組換えES作製部門

これまでに相同組換えES細胞1200件以上作製しております。
相同組換えESの作製からインジェクション用細胞調製までを完全にルーチンワーク化し、迅速且つ正確な遺伝子改変マウス作製を実施致します。

マウス作製部門

マウス作製部門
これまでに遺伝子改変マウス1300件以上を作製(内、Tg700件)しております。
年間約12,000個injection実施(KO:2016年度実績)。
目的のマウス・ラットができるまで完全サポート。 作製後の飼育管理も万全 『作製不能に成らない限りは途中放棄しません』

解析部門

年間、1000件以上を解析。(13年以上継続)より美しい結果データをご提供いたします。
奇問・難問大歓迎!! 困難なほど燃えるプロ集団が全力で皆様の研究を支援します。

輸送部門

輸送部門
動物輸送専用車(空調車)で輸送しております。
遺伝子改変マウス/ラットの逃走防止(拡散防止)、温度管理、衛生管理をしっかり行い、輸送する動物に出来る限り、
負担をかけない輸送(動物愛護)を心がけております。

ページ上部へ

過去に遺伝子改変マウスを作製した実績の論文例(抜粋)

※弊社は論文への掲載を条件とはしておりません。

Conditional KOマウス

  1. PLoS One. 2011;6(12):e29499. doi: 10.1371/journal.pone.0029499. Epub 2011 Dec 29.
    Ablation of Mrds1/Ofcc1 induces hyper-γ-glutamyl transpeptidasemia without abnormal head development and schizophrenia-relevant behaviors in mice.
    Ohnishi T, Yamada K, Watanabe A, Ohba H, Sakaguchi T, Honma Y, Iwayama Y, Toyota T, Maekawa M, Watanabe K, Detera-Wadleigh SD, Wakana S, Yoshikawa T.
    Source
    Laboratory for Molecular Psychiatry, RIKEN Brain Science Institute, Wako, Japan.
    http://www.plosone.org/article/info%3Adoi%2F10.1371%2Fjournal.pone.0029499
  2. Hum Mol Genet. 2013 Aug 1;22(15):3003-15.

    Impaired viability of muscle precursor cells in muscular dystrophy with glycosylation
    defects and amelioration of its severe phenotype by limited gene expression.

    Kanagawa M1, Yu CC, Ito C, Fukada S, Hozoji-Inada M, Chiyo T, Kuga A, Matsuo M, Sato K, Yamaguchi M, Ito T, Ohtsuka Y, Katanosaka Y, Miyagoe-Suzuki Y,
    Naruse K, Kobayashi K, Okada T, Takeda S, Toda T.
  3. J Biol Chem. 2013 May 10;288(19):13305-16. Calcium-dependent phospholipid scramblase activity of TMEM16 protein family members. Suzuki J1, Fujii T, Imao T, Ishihara K, Kuba H, Nagata S. http://www.jbc.org/content/early/2013/03/26/jbc.M113.457937.full.pdf

Null KOマウス

  1. J Exp Med. 2007 Nov 26;204(12):2963-76. Epub 2007 Nov 6.
    A protein associated with Toll-like receptor (TLR) 4 (PRAT4A) is required for TLR-dependent immune
    responses.
    Takahashi K, Shibata T, Akashi-Takamura S, Kiyokawa T, Wakabayashi Y, Tanimura N, Kobayashi T,
    Matsumoto F, Fukui R, Kouro T, Nagai Y, Takatsu K, Saitoh S, Miyake K.
    Source
    Division of Infectious Genetics, The Institute of Medical Science, The University of Tokyo, Minato-ku, Tokyo 108-8639, Japan.
    http://jem.rupress.org/content/204/12/2963.long
  2. J. Biol. Chem. 2015
    Favine/CCDC3 is Involved in Lipid Accumulation.
    Kobayashi S, Fukuhara A, Otsuki M, Suganami T, Ogawa Y, Morii E, Shimomura I.
    Source
    Osaka University Graduate School of Medicine, Japan; fukuhara@endmet.med.osaka-u.ac.jp.
    Graduate School of Medical and Dental Sciences, Tokyo Medical and Dental University, Japan.
    http://www.jbc.org/cgi/doi/10.1074/jbc.M114.592493The

KIマウス

  1. Int Immunol. 2012 Sep;24(9):551-9. doi: 10.1093/intimm/dxs064. Epub 2012 Jun 20.
    Synergistic effect of Tim4 and MFG-E8 null mutations on the development of autoimmunity.
    Miyanishi M, Segawa K, Nagata S.
    Source
    Department of Medical Chemistry, Graduate School of Medicine, Kyoto University, Yoshida-Konoe, Sakyo, Japan.
    http://intimm.oxfordjournals.org/content/24/9/551.long
まずはお問い合わせを!
ユニーテック株式会社 TEL:0120-81-9788/FAX:04-7166-2039
お問い合わせはこちら

ページ上部へ