遺伝子組換えタンパク質発現・精製
ユニーテックTOP > 【遺伝子組み換えタンパク質発現・精製受託】 - 動物細胞培養・精製受託 / 安定株大量培養・精製受託 / 酵母培養・精製受託

動物細胞を用いたタンパク質発現・精製受託

動物細胞一過性発現・タンパク質精製

発現ベクター構築~大量培養・精製まで!

分子量の大きいタンパク質の発現、複数タンパク質の同時発現により複合体の再構成可能。
少量の哺乳類系糖タンパク質発現・精製に。
お急ぎのとき、活性が必要等、対応可能です。
※発現量目安:0.01~1mg/L
No. 工程 作業内容 価格 期間
1 発現ベクター構築 cDNAの発現ベクターへの挿入、配列確認 80,000円 -
2 発現条件検討(定性試験) トランスフェクション条件の検討、タンパク質発現の確認 250,000円 2週間
3 Trial培養 (200mL) 最適の条件でTransfection 400,000円 1週間
4 Trial精製 アフィニティ精製(Hisタグ精製の場合)
(SDS-PAGE、ウエスタンブロット含む)
200,000円 1週間
5 オプション:ゲルろ過カラム精製 HPLCを使いカラム精製 250,000円 1週間
オプション:イオン交換カラム精製 150,000円 1週間
6 中間報告書提出 SDS-PAGE、ウエスタンブロット、収量の報告 30,000円 2日間
7 本培養 収量から必要な培養量を計算し、本培養を行う 基本料金100,000円+300,000円/L -
8 本精製 別途お見積り 別途お見積り -

安定発現細胞株作製

安定発現株の大量培養へ!

安定株樹立によりTransfectionを繰り返すことなく目的タンパク質の発現・精製可。
血清不含培地での安定株樹立も可能。
スクリーニング方法:Western blot、RT-PCR、基質酵素活性等
動物細胞宿主株:接着系CHO、浮遊系CHO、接着系HEK293、浮遊系HEK293、背茶矩形COS7、その他
※発現量目安:0.1~数mg/L
No. 工程 作業内容 価格 期間
1 発現ベクター構築 cDNAの発現ベクターへの挿入、配列確認 80,000円 -
2 発現条件検討(定性試験) トランスフェクション条件の検討、タンパク質発現の確認 250,000円 2週間
3 安定発現株の作製 Transfection、コロニーのピックアップ、限界希釈によるクローニング 650,000円 1.5ヶ月
4 発現株の選定 ウエスタンブロット、ELISA等 ウエスタンブロット50,000円ELISA 別途お見積り 2週間
5 中間報告書提出 SDS-PAGE、ウエスタンブロット、収量の報告 30,000円 2日間
6 本培養 収量から必要な培養量を計算し、本培養を行う 基本料金100,000円+120,000円/L -
7 本精製 別途お見積り 別途お見積り -

ページ上部へ

モノクローナル抗体作製受託(ハイブリドーマ樹立)

ペプチドからのハイブリドーマ樹立も受託しております。

・抗原はタンパク質の方が目的の抗体を得やすい場合が多いです。
・抗原タンパク質作製及び調整、ペプチドの合成もお受け致します。
・ペプチドからハイブリドーマを樹立する場合は、KLH(キーホールリンペットヘモシアニン)を付加したペプチドで免疫をお勧め致します。
・その他、免疫方法についてご要望があれば対応致します。

1. 抗原必要量

リコンビナントタンパク質 0.5mg(マウス1匹×4回免疫分)×匹数
ペプチド 0.5mg(マウス1匹×4回免疫分)×匹数

2. ハイブリドーマ作製・作業内容(免疫・ハイブリドーマ樹立)

No. 作業内容 価格 期間
1 免疫
免疫動物:マウス5匹またはラット3匹
免疫回数:4回
力価測定:ELISA測定
200,000円 1.5ヶ月
2 細胞融合とスクリーニング
細胞融合と免疫原に対するELISAでスクリーニングを行い陽性クローン選定
450,000円 1ヶ月
3 クローニング
サブクラス測定
陽性クローンを限界希釈法で樹立
5クローン納品を想定
350,000円 1.5~3ヶ月
  No.1~No.3の合計 1,000,000円 4~5.5ヶ月
※1クローンでも目的抗体産出ハイブリドーマが得られましたら全額請求させて頂きます。

3. モノクローナル抗体精製(腹水作製・精製、ハイブリドーマ培養上清からの精製)

工程 作業内容 単位 価格 期間
培養上清作製 培養 1L 150,000円 1.5ヶ月
腹水作製(1クローン) Balb/cマウス 1匹 10,000円 1.5ヶ月
抗体精製 Protein G精製 10ml 80,000円 3日
  イオン交換 10ml 150,000円 10日
*腹水が得られにくい場合はヌードマウスでも作製致します。ご相談ください。

高密度培養で驚異の収量!!(ハイブリドーマ培養)

培養スケール 培養価格 精製価格
Protein G ゲルろ過・イオン交換
5L 650,000円 350,000円 400,000円
10L 1,000,000円 480,000円 540,000円
20L 1,800,000円 700,000円 800,000円

ページ上部へ

ポリクロナール抗体(マウス)作製受託

免疫動物の選択、スケジュール変更、その他お客様のご要望に対応させて頂きます!

1. 抗原必要量

リコビナントタンパク質0.5mg(マウス1匹×4回免疫分)×匹数
ペプチド0.5mg(マウス1匹×4回免疫分)×匹数

2. 標準免疫スケジュール

約2ヶ月:4回免疫・2回力価測定(ELISA)

標準免疫スケジュール

3. 抗原作製

リコンビナント蛋白質抗原作製(大腸菌・昆虫細胞・動物細胞発現系)

発現ベクター構築 目的遺伝子を発現ベクターへ組み込む。
発現条件検討 小スケールのTrial培養・精製で発現条件を検討する。
本培養 発現条件検討結果に基づいた本培養を行う。
本精製 抗原として純度・収量を確保できる本精製を行う。
可溶化 可溶化を行う。

4. 受託価格

  マウス ラット
抗原の種類 3匹 5匹 3匹 5匹
(1). 合成ペプチドorタンパク質 13万円 17万円 19万円 27万円
(2). 細胞orプラスミド 15万円 21万円 22万円 33万円
ELISA実施、免疫動物(モデル動物)、追加免疫、投与方法、アジュバント等のご希望について、
お客様にご満足頂けるよう、最適なプランをご用意させて頂き、お見積りさせて頂きます。
お気軽にご連絡頂きますよう、宜しくお願い致します。

ページ上部へ